×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


| | | | | | | | |
「アメリカ放浪記」
1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目8日目9日目10日目
11日目12日目13日目
14日目15日目16日目17日目18日目19日目20日目
21日目22日目23日目24日目25日目26日目27日目28日目29日目30日目
40日目41日目50日目51日目54日目56日目|57日目|58日目|59日目
2009年3月14日(放浪16日目)

ニューオーリンズ、アムトラックの駅。

外人がいっぱいだ、、、当たり前か(笑)ってかここじゃ俺が外人だ。

外でタバコを吸ってると葉巻を吸ってるおっちゃんが「何のギターだい?」と話しかけてきた。
少し仲良くなってしばらく話をしていると、今度は「腹減ってるんだ、金をくれ」と痩せこけた兄ちゃんが話しかけてきた。 こっちではホントによくあること。

今日は人が多いらしく、メンフィスまでの金額が倍。。うぅ、イタイな。仕方ない。。(98$也)

、、、、、、
 

ふ〜なんとか列車に乗り込めた。。

しばらくして、走り出した。。さらばニューオーリンズ!ありがとうニューオーリンズ〜!!


窓から見える景色はどんどん変わってゆく。。
なるほど、これが湿地帯というものか。泥沼と木と草しかない。
この列車が走っているのが不思議に思えてくる。
家もちらほら見えるがその周りはどこも大雨が降った後の様に水浸しだ。
家は平屋がほとんど。
 
ふむ、随分と汽笛を鳴らす回数が多いな、、 なんでだろ?

車内は快適そのもの。一つ一つの席がなんせ広い。
俺のでっかい荷物が足元に普通に置けるのだ。

Jackson MS駅に到着。
 
なんだか長い時間停車しているな〜。窓から見える限り10人程列車からタバコを吸いにホームへ出ている。
こっちじゃ外全てが喫煙所だ。

うとうと。周りはさっきまでどひゃひゃひゃと笑い声が響いていたが、静かになってきた。

途中、人がいっぱい乗ってきた。
俺の隣にはこれまたご機嫌な黒人のおっちゃんが座ってくる。
、、、方便がキツイせいもあってまったく聞き取れない。。
いやいや、それでもしばらく話す内に何とか少しずつ理解できて来て、
ちょびっと仲良くなる。

「食べるかい??」スナック菓子を一緒に食べた。うん、なんだかうまかった。。



うとうとしておると、おっちゃんがいきなり「メンフィスに着いたよ」と言った、、
 
 
「なに!!」、、焦る。不意打ちである。
 
 
アナウンスは流れてない。。なんせアバウトなアメリカだ

次走り始めたら一体どこまでいってしまうやら。。。
大急いで荷物を持って1階に下りる(2階建ての列車である)

列車は止まっている。。「いそげ〜!!」


あれ?扉は閉まっている。。これは自分で開けるのかな?
 
 
、、ガチャコン。 。開いた。


「??」


ホームがない?、、、見えるのはレールとそれに大地。
 
反対側もあまり変わらない。。
 
 
(これは飛び降りたらいいのかな??)

 
いやいや、まさか、いくらあめ〜りかでも、そこまでアバウトではないだろう?? 


席に戻ると、おっちゃん、にやにやしている。。
 
「???」
 
おっちゃん、嘘を付いたわけではないが、駅ではなくただメンフィスの町に
入ったことを告げただけであったのだ。。。
 
まぁ、俺の勝手な勘違いだった訳だが、、ハラハラさせられたぜぃ、、チッ!
 
 
それにしても、、あ〜恥ずかし。。
 

ちゃんとメンフィス駅に着き(笑)降りるともう真っ暗。
時計を見るともう23時過ぎである。
 
タクシーは見当たらない。ホームの目の前は乗用車とパトカーだらけ。。

人に聞きまくる。。きっと決定的なことを言ってるんだろうけどなぁ、、聞き取れん(泣)

でも有難い事に俺の為に動いてくれた人も居てなんとか呼んでくれた相乗りタクシーに乗り込めた。。

最初の客のホテルへ着き、自分のホテルの名前を告げるが、どうにもこうにも伝わらない。。

走りだし何度も伝えた結果、や〜っと伝わったと思ったら、、
 
「キーーッ!!」
 
急に車が止まった、、
 
さっきの客と同じホテルだったのだ(笑)
 
タクシーのおばちゃんと2人で笑っていた。。


という訳でなんとかメンフィスでの初夜が無事迎えられましたとさ、、めでたい!
 
、、、けどオケツが痛い(笑)10時間だもんなぁ、、


しかし格安とはいえホテルばかりだと確実に金がもたない。
なんとか安いホステルかなんかを探さなきゃな〜

只今、ホテルに備え付けのコーヒーメーカーでコーヒーを落として一服中。
ネットが繋がって一安心。。だが、水道水を使ったせいか、なにかおかしい、、、

このホテルは小さくて黒くてチョロチョロしてるのが居なさそうな、、予感。
(ニューオーリンズでは結構居た、笑)


さ〜て明日はビールストリートでノムゾ〜!!おぉ〜!


、、ふぁ〜腹減ったぁ!!!(泣)