×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


| | | | | | | | |
「アメリカ放浪記」
1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目8日目9日目10日目
11日目12日目13日目14日目15日目16日目17日目18日目19日目20日目
21日目22日目23日目24日目25日目26日目27日目28日目
29日目30日目
40日目41日目50日目51日目54日目56日目|57日目|58日目|59日目

2009年3月31日(放浪29日目)
なんだか瞼が重いな。 

ジミーとランチした後、急に眠気に襲われ帰って少し昼寝をした。 

 
 
 
、、、そういや旅に出る前に洗濯しなくちゃな〜。。。
 
 
 
 
  「ジミー、洗濯機借りるよ〜。」
 
 
 
「、、、、」
 
 
 
 
ん??
 
 
 
 
ジミーは一言も喋らない。。
 
 
 
なんだ?一体どうしたと言うのだ?
 
 
 
  「ジミー!、ねぇジミーってば!」
 
 
 
何かがおかしい、、違和感を感じて足を止めた。
 
 
 
 
、、、「ここは何処だ?」
 
 
 
 
どこかの部屋だ、が、、ジミーの家ではない。
 
 
 
辺りを見回しても、ここが外国の誰かの家だということ以外なにも分からない。 

 
部屋を小走りで駆け抜け、家々に囲まれてた小さな庭を抜け、狭い道を抜け、また何処かの部屋に入る。
 
 
どこかにジミーがいるはずだ。でもどこだ??
 
 
っていうか、ここがどこだ??
 
 
焦りと不安で胸は押しつぶされそうになる。
 
 
 
必死にここがどこだか知ろうとするがさっぱり分からない。。
 
 
 
汗をかきながら、走りながら叫んだ。
 
 
 
「ジミー!!!どこだ!?返事をしてよ!!」
 
 
 
 
その瞬間、また景色が変わった。。
 
 
 
白い壁。
 
いや、違う、、、天井か?
 
 
 
そうか、夢だったのか。    
 
 
一瞬どっちが本物か区別がつかなくなり少しの間、窓の外を見ながら
(ここは間違いなくジミーの家なんだ)と確認して、徐々に我に返っていった。。 

 
ジミーのパソコンの音が聞こえてくる。。 

振り返ってジミーが居る事を確かめて、安堵混じりの溜息をひとつはいた。。
 
 
ジミーが振り返って、起きたか、と目くばせをしてきた。


俺は試しに聞いてみた。。 


  「なぁジミー、、えっと元気かい?」
 
 
「バッチリだよ!よく眠れたかい??」 

  「うー、、うん。眠れたよ。。えーと、あのさ、、」
 
 
 
「なんだい?」
 
 
 
  「洗濯機って借りていいかな?」
 
 
 
「もちろんだよ!なぜ聞くんだぃ(笑)」 

肩の力がフッと降りたのが分かった。。 



「ありがとう、ジミー」 


  「どういたしまして、、なんだよ、どうしたんだ?」 


「いや、何でもないよ」 


(なんだったんだろう、あのリアルな夢は。。)
 
 
俺はやけに丁寧に洗濯機に服を突っ込みながら考えていた。
 
明日からアメリカ大陸の横断が始まる、、きっと俺の体は不安がってるんだろな。。
 
 
 
知り合いと呼べる人間はこの国ではジミーだけだ。。 

覚悟を決めて出てきたのに、ジミーと長く居た事でせっかく切り替えた「危険度MAX旅モード」が
日本にいる時と同じ「すっかり安心、家モード」に自然と戻っていたんだろう。。 

 
もしくは「友達を大事にしなさいよ!」と誰かに言われているのかな。 
 
 
 
はたまた「ちゃんと洗濯しなさい!」と言われたのか(笑) 



まっ、なんにしても明日から旅が始まるのだ〜! 



う〜む、、う〜むう〜む!

よ〜し、ちゃんと洗濯するぞ〜!!わっはっは(笑) 


わくわくっ 

(急にテンションアップしたのも不思議である、笑)